中1理科 植物の3つのはたらき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

植物の3つのはたらき

中学校理科では、生物は2つに分類される。一つは「動物」、もう一つは「植物」である。このうち中学1年生で習うのが、「植物」である。
植物は生きていくうえで3つのはたらきを行っています。それは「蒸散(じょうさん)」「光合成(こうごうせい)」「呼吸(こきゅう)」です。
それぞれのはたらきのがどういったものか知るとともに、そのはたらきを行う意味についてしっかり理解していきましょう。

植物

蒸散(じょうさん)

蒸散とは、植物が植物体内の水分を水蒸気として、気孔から空気中に放出する現象です。ポイントは、植物内の水分を「水蒸気」という気体にして放出することと、葉の裏側に多く存在する気体の出入り口である「気孔(きこう)」から空気中に放出することです。
ではなぜ、植物は蒸散を行うのでしょう。理由は2つ覚えてください。1つ目は、根で水分を吸収するためです。ストローで水を吸い上げるとき、ストローの上の先から水分が出ないと新たに水を吸い上げられないのと同じように、植物も根で水分を吸収するためには、植物体内の水分を上から放出しなければなりません。2つ目は、植物の体温調節のためです。気孔から水蒸気を放出するときに熱を放出し、植物の温度が上昇しすぎないように調節しているのです。

光合成(こうごうせい)

光合成とは、植物に日光が当たると、葉や茎の細胞にある緑色の葉緑体で、二酸化炭素と水を原料としてデンプンをつくりだすはたらきです。植物は動物とは違い、養分(デンプン)を外部から摂取することができません。なので、自ら養分であるデンプンを作り出さないとやせこけてしまいます。植物は生きていくためのエネルギーを得るために、また大きく成長するために光合成をし養分を自ら作り出しているのです。

呼吸(こきゅう)

光合成は光が当たっているときだけ行われますが、呼吸はわれわれ人間と同じように、光が当たっていようが当たっていまいが、常に行っているはたらきです。呼吸では、植物が光合成で作り出した養分(デンプン)を、酸素を使って分解し、生命活動を行うエネルギーを作り出しています。

呼吸と光合成の量

光がまったく当たらない夜のような条件では、植物は呼吸のみを行っています。

光が十分に当たっている場合は、光合成も呼吸も両方行っていますが、光の強さが強い場合は呼吸よりも光合成のほうを多く行い、結果的に植物全体として二酸化炭素を吸収し、酸素を放出しているように見えます。

光の強さが弱く、光合成と呼吸の量が等しくなる場合、見かけ上、二酸化炭素と酸素の出入りは無いように見えます。

難関校対策 学習塾+家庭教師【アオイゼミ サクラス】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ページ上部へ戻る