中1理科 根のつくりとはたらき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

根のつくりとはたらき

根は、植物の器官の一つである。地面の中の水分を吸収したり、地面にからだを固定し、土から抜けにくくするはたらきを持っています。
そんな植物の根を、今回は深く掘り下げていきたいと思います。

根

 

根毛(こんもう)

根の先端に近いところにある産毛のようなものを「根毛(こんもう)」という。細かい土の粒の間に入り込み、根を土から抜けにくくするはたらきがある。
また、根毛があるおかげで、根全体の表面積が大きくなり、水や水に溶けた養分を効率よく吸収することができるようになっている。
※根毛では、記述問題がよく出題されるので、なぜ根毛のような作りになっているのか答えられるようになっておこう!

 

道管(どうかん)

根の中心部に位置する。根毛で吸収された土の中の水や水に溶けた養分は、「道管(どうかん)」に入る。道管は根から吸い上げられた水や水に溶けた養分の通り道で、茎や葉の道管につながっている。
赤く着色した水にさしておくと、道管が赤色に染色するのはそのためである。

 

師管(しかん)

光合成でつくられた養分の通り道を「師管(しかん)」という。光合成でつくられた養分であるデンプンは水に溶けにくい物質なので、師管を通るときは水に溶けやすい糖に変えられて師管の中を移動する。
葉の中心部よりやや外側に位置する。

 

主根(しゅこん)と側根(そっこん)

芽生えのとき子葉が2枚でるアブラナなどを「双子葉類(そうしようるい)」という。双子葉類の根は「主根(しゅこん)」という太い根が、地中深くまっすぐ伸び、この主根から、「側根(そっこん)」という細い根が枝分かれして伸びている。

 

ひげ根(ひげね)

芽生えのとき子葉が1枚でるイネなどを「単子葉類(たんしようるい)」という。単子葉類の根では太い根はなく「ひげ根(ひげね)」とよばれる細い根が広がっている。

※根のつくりでは、植物の種類によって「主根と側根」か「ひげ根」かに分かれるので、どの植物がどの根のつくりになっているのかを覚えなければならない。ここは植物の分類で説明する。

難関校対策 学習塾+家庭教師【アオイゼミ サクラス】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ページ上部へ戻る