中1理科 種子をつくらない植物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中学1年の生物分野の最後の単元です。この単元は種子をつくらない植物について学習を進めていきます。種類としては「シダ植物」と「コケ植物」しかありませんので、しっかり覚えて得点源にできるようになってください。それでは頑張ろう‼

シダ

種子をつくらない植物

今までの植物は、花が咲き種子でなかまをふやす植物「種子植物」でしたが、今回は種子でなかまをふやさない植物「種子をつくらない植物」について学習を進めていきます。

では、「種子をつくらない植物」は何でなかまをふやしてくのでしょうか?それは「胞子(ほうし)」になります。葉の裏側などにある「胞子のう」という袋がはじけて胞子が飛び出し、それが付着した場所に新しい植物が誕生します。では、種子をつくらない植物にはどのようなものがあるのでしょうか?

「種子をつくらない植物」は以下の2種類しかありません。それは山の繁み中や、日かげなどに生えている「シダ植物」と、じめじめした水辺などに生えている「コケ植物」になります。もちろんどちらも植物であることには変わりありませんので、「葉緑体」をちゃんと持ち、「光合成」というはたらきを行っています。

シダ植物

シダ植物は、日当たりがそんなに良くない場所、山の繁みの中や、日かげなどに生えている植物です。具体的には、イヌワラビ、ゼンマイ、スギナ(つくし)などがあります。
特徴は、比較的乾燥した場所でも生育できますので、根・茎・葉の区別があり、根で水分を吸収しています。根で水分を吸収しますので、もちろん維管束もあります。茎は地中にうまっているものが多く、「地下茎」と呼んだりもします。葉の裏側に「胞子のう」があり、胞子のうがはじけることによって「胞子」が飛び散りなかまをふやしていきます

コケ植物

コケ植物は、じめじめして水分が十分にある環境下で生育します。水辺や日かげなどに生えていることが多いです。水分が十分にある環境下で生育しますので、根・茎・葉の区別はなく、からだの表面全体で水分を吸収します。したがって維管束はありません。根もありませんが、地面などにからだを固定するために「仮根(かこん)」というつくりがあることを覚えておきましょう。また、コケ植物は「雌株(めかぶ)」と「雄株(おかぶ)」に分かれています。雌株のほうに「胞子のう」がありますので、図表などで写真を確認しておいてください。具体的な植物として、ゼニゴケやスギゴケなどがよく出題されます。

難関校対策 学習塾+家庭教師【アオイゼミ サクラス】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ページ上部へ戻る